TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 整形外科と接骨院を交通事故施術で併用する際のポイント

整形外科と接骨院を交通事故施術で併用する際のポイント

2019.06.01 | Category: 未分類

整形外科と接骨院を併用したくなる心理

「交通事故のむちうちやケガがとても辛いので整形外科だけではなく、施術がメインである接骨院にも通いたい」「手や足のしびれ、身体の痛みによって日常生活に支障がでるので接骨院で施術を受けて緩和したい」このような声を聞く事があります。

 

むちうちなどのケガの回復には、整形外科での治療だけでなく、整骨院や接骨院での施術が多くの場合で効果的だと思います。そのために、交通事故の患者さんは、整形外科だけではなく、整骨院や接骨院に通いたくなるのです。

 

整形外科と接骨院の違い

接骨院に通う場合、整形外科と併用することになります。この併用時には、知っておかないと損をしてしまうかもしれない注意点が何点かあります。整骨院や接骨院に通うようになると、「整形外科へ通う意味を感じない」と思ってしまう人がいます。

 

その理由は、病院と接骨院でしてもらうことの違いにあるようです。整形外科では身体の診察やレントゲンなどの検査、湿布、薬の投与を受けます。しかし受けたからといってケガがすぐに治るというわけではないです。

 

一方、接骨院ではケガの患部を専門の手技や特別治療機器などで充実した施術してもらえます。接骨院の施術で痛みが緩和され、通院して回復した実感を得られることが多いです。そのため、「接骨院だけ通いたい」という考えになってくるのでしょう。

 

整形外科は併用がおすすめ

でも整形外科への通院は続けた方がよさそうです。

万一ですが、ケガが完治せずに後遺症が残ってしまった場合、後遺症に対する慰謝料を受け取るには「後遺障害等級の認定手続き」を行っていきます。これに必要な「後遺障害診断書」を作成できるのは整形外科の医師なのです。
柔道整復師(接骨院)には作成できません。

 

整形外科への通院を途中でやめてしまうと、医師は適切な後遺障害診断書を作成することができないので、書いてくれないのです。

 

そうすると、後遺障害等級の認定を受ける事が出来ず、後遺症に対する慰謝料を受け取ることができない可能性がでてきます。やはり整形外科への通院も続けるほうがよいと思います。

 

接骨院への通院頻度

“たまに”ではなく、“継続的”に接骨院へ通うとよいです。

接骨院への通院は、週に1回から数回の通院をされる方が多いです。しかし、毎日通院する人もいます。

 

仕事などで忙しくて時間を作るのが大変でしたり、体調が優れなくて、通院が面倒になる日もあると思いますが、“たまに”ではなく、“継続的”な通院をすることが望ましい形です。

 

通院頻度が少ないとケガの回復具合悪い場合がありますし、慰謝料の面から言っても通院回数は影響します。全てを勘案するとやはり頻度高く整骨院や接骨院へ通うほうがよいと思います。

アクセス

越谷第一接骨院グループのご紹介

北越谷院

所在地〒343-0027 埼玉県越谷市大字大房758-5
交通アクセス北越谷駅より徒歩7分(大房交差点に当院があります。)
電話番号048-977-6886
駐車場5台あり
休診日年中無休
※日曜・祝日は臨時休業の日もありますので、予めご了承ください。
院長大野 康

南越谷院

所在地〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷2-14-38 ライフピア南越谷103
交通アクセス南越谷駅より徒歩5分(南越谷郵便局隣り)
電話番号048-965-8227
駐車場あり
休診日日曜・祝日
院長新崎 拓

夜22時まで診療>