TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 整形外科から整骨院へ転院の仕方

整形外科から整骨院へ転院の仕方

2019.06.05 | Category: 未分類

接骨院へ転院したくなる理由

むちうちなどの交通事故の怪我をした方は、整形外科へ通院する場合が多いです。
そうした方達で、整形外科へ通院しているのにもかかわらず、接骨院への転院を考える方がかなりの数いるのです。

 

転院を考える方達からは、整形外科へ通院していても「様子みるだけ」や「湿布がでただけ」、「電気の治療で改善しない」などの声があがります。
整形外科と接骨院の役割や得意領域の違いが転院の理由となりますが、具体的には以下です。

 

  • ・接骨院で充実した治療を受けて早く改善したい
  • ・整形外科では診察だけで治療がない
  • ・整形外科の治療は電気だけ
  • ・整形外科は混んでいるから、たまにしか通院できない
  • ・接骨院は近所にあるし待ち時間も少ないから通いやすい

転院の仕方

転院したい事を相手側の保険会社へ伝えます。その際に理由をきちんとお伝えすることが大切です。「整形外科だと時間的に通いにくい」、「接骨院でも治療を受けて早く治したい」等の理由をお伝えすると話がまとまりやすいです。

 

また保険会社の担当者によっては、「今通っている整形外科の医師の許可を得てから転院して下さい」と言ってくることもあります。

 

しかし整形外科の医師は、接骨院の治療がなぜ必要なのか、自分の医院で治療をしているんだから接骨院の治療は不必要だ、とする考えの方が多いのが現状です。

 

ですから患者のために接骨院での治療を肯定的に考えてくれるような、合理的な考えをされた医師のいる整形外科へ初診で通院すると良いのです。
こういった転院の仕方については、まずはじめに越谷第一接骨院へご相談下されば、適切な転院の手順を助言させていただきます。

転院した後の注意点

整形外科から接骨院へ転院した後の注意点についてお話します。
ただ接骨院へ転院するのではなく、転院した後も月に数回は整形外科へも通院する事が良いと思います。このやり方を「併用」といいます。整形外科を併用する事でのメリットもあるのです。

具体的には以下の事があげられます….

 

  • ・整形外科を併用する事で適切な治療期間を確保しやすい(打ち切りされにくい)
  • ・後遺障害の申請書は接骨院(柔道整復師)では作成出来ないが整形外科の医師は作成できる
  • ・慰謝料その他の保険会社との交渉について、併用していた方がやりやすくなる場合がある

転院はお気軽にご相談ください。

整形外科から接骨院への転院については、まず越谷第一接骨院へご相談下さい。ケースに応じた方法をアドバイスさせていただきます。相談は無料で承ります。

アクセスはこちら

 

 

 

 

 

 

アクセス

越谷第一接骨院グループのご紹介

北越谷院

所在地〒343-0027 埼玉県越谷市大字大房758-5
交通アクセス北越谷駅より徒歩7分(大房交差点に当院があります。)
電話番号048-977-6886
駐車場5台あり
休診日年中無休
※日曜・祝日は臨時休業の日もありますので、予めご了承ください。
院長大野 康

南越谷院

所在地〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷2-14-38 ライフピア南越谷103
交通アクセス南越谷駅より徒歩5分(南越谷郵便局隣り)
電話番号048-965-8227
駐車場あり
休診日日曜・祝日
院長新崎 拓

夜22時まで診療>