TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 交通事故施術は接骨院へ毎日通院が必要?

交通事故施術は接骨院へ毎日通院が必要?

2019.05.05 | Category: 未分類

むちうちは個人差が大きい症状なので、一概に「これだけ通院すれば完治します」とは言えません。しかし症状が深刻な場合は、首だけでなく肩や背中・腕まで痛みの範囲がでてきます。そのせいで頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気や手足のシビレなどの症状がでて、日常生活がつらいという方もいます。

 

またやっかいなことに継続して通院を行わないと「軽症」だとみなされてしまい、保険会社から治療費打ち切りの連絡が来てしまうことだってあります。
それでは通院の頻度はどのくらいが好ましいのでしょう。

最低は週3日以上、理想は毎日が望ましい

むちうちは最低でも週3日以上の通院をおすすめいたします。毎日通院出来れば、毎日の通院が望ましいです。通院回数が少ないと「軽症」だと判断されてしまい、早い段階で治療打ち切りの連絡が来ることもあります。
むち打ちの症状は毎日通院する方が身体は改善しますので、症状が少しでも残っているならば、必ず継続して最後まで通院をするようにしましょう。

 

その他、まだ症状が残っているのに治療を終了してしまうと、その後の治療費は全て自己負担になります。症状が少しでも残っている間は、状況をしっかり担当医と相手の保険会社に説明して、治療を続けるようにしましょう。

継続して通院すると適切な金額が受け取れる

受け取れる慰謝料の1つに「入通院慰謝料」というものがあり、継続して通院することで適切な金額を受け取ることができます。

 

 

 

 

 

後遺症認定の観点からも最後まで通院するのがベスト

治療を続けても完治せずに、残念ながら後遺症が残ってしまう方もいらっしゃいます。その場合は医師に後遺障害診断書を作成してもらい、交通事故案件に強い弁護士などに依頼し「後遺障害認定」を申請しましょう。そうすると「後遺障害慰謝料」という高額な補償を受ける事が出来ます。

 

この後遺障害認定の申請は、継続して通院している事が必須条件なのです。
リハビリも含め現在治療を続けている方は、後遺症が残ってしまう場合のことも考えて、治療を途中でやめず、治療やリハビリが終わるまで通院しましょう。

 

もちろん後遺障害認定はねらうものではなく、やはり治癒をする事が最大の利益であり、喜びだと思います。整形外科と併用して整骨院に通う、いわゆる併用の方も多くいます。交通事故専門整骨院は施術内容も効果的であり、同時に利用すれば早期改善が期待できます。

 

 

仕事が忙しい場合は?

夜間もやっている接骨院や整形外科をさがしていきましょう。仕事が忙しくても身体を治すという事は非常に大切な事ですので、なんとか都合をつけて通院をしましょう。

むちうちの通院期間は個人差がありますので、3ヶ月で完治する方もいれば6ヶ月で症状固定となる方もいます。

むちうちになった場合に何よりも大切なのは、後遺症を残さないように完治させる。もしくは症状固定までしっかり通院治療を続けることが大切なのです。

むちうち治療の詳細はこちら

アクセス

越谷第一接骨院グループのご紹介

北越谷院

所在地〒343-0027 埼玉県越谷市大字大房758-5
交通アクセス北越谷駅より徒歩7分(大房交差点に当院があります。)
電話番号048-977-6886
駐車場5台あり
*隣接のコインパーキングご利用可(料金補助あり)
休診日年中無休
※日曜・祝日は臨時休業の日もありますので、予めご了承ください。
院長大野 康

夜22時まで診療