TEL
MENU

カテゴリ一覧

交通事故後の後遺症により寝れない場合の原因と対処法

2019.06.20 | Category: 未分類

後遺症の定義は様々ですが、ここではむちうちなどの交通事故のけがを負ってしまい、痛くて辛い急性期症状が落ち着いた後に残存してしまう症状をいいます。

 

交通事故のむちうちの後遺症の症状で、寝れないという症状もあります。寝れないのは、本当に辛いですよね…ここでその原因と対処法を解説したいと思います。

 

寝付けない原因

簡単に言ってしまうと「重だるい頭痛」のせいで寝れない場合と、「事故後の精神的ダメージ」で寝れないという場合があります。

 

・重だるい頭痛

むちうちの衝撃によって「後頭部の神経の根元の部分が損傷してしまうことによっておこるのでは」と考えられています。

 

肩や首の根元の緊張を和らげる事によって、むちうちの頭痛が緩和する事がほとんどであり、上記が頭痛の原因である根拠になると思います。

 

こういった事故後の頭痛や重だるさは睡眠の妨げになります。

 

 

・事故後の精神的ダメージ

むちうちは自律神経への負荷も与えてしまう、と考えられています。

 

そうすると精神的に不安定になり、事故の記憶を就寝する際に思い出してしまい寝つけない日が続いてしまうことがあるんだと思います。

 

 

寝れない場合の対処法

対処法は様々ありまして、軽い睡眠薬を処方してもらう場合もあります。ここでは施術を通して改善をはかっていくことをおすすめしたいと思います。

 

首や頭部の付け根の筋肉の深層部や神経をソフトに刺激していくと、頭痛や不定愁訴が軽減される事が結構あります。具体的にはソフトな深層筋調整手技を施し、さらに超音波治療で深層部を治療します。

 

超音波治療は数ある物療機器の中でも身体の深層部へ届くことが特徴で安全な治療機器でもあります。そしてウォーターベッドの施術で前身のリラックスと疲労回復と血行促進をはかります。

後遺症にお悩みの方へ適切な施術

このような施術は越谷第一接骨院で行っている、事故後に寝れない方への代表的な施術ですが、患者さんの症状にも合わせてどの施術が適切なのかを判断したうえで行っています。

 

事故後、寝れなくてお困りの方はどうぞご相談下さい。

 

後遺症治療の詳細はこちら

 

 

               

後遺症の頭痛とめまいにお悩みの方へ。交通事故施術の流れ

2019.06.16 | Category: 未分類

後遺症とは

むちうちなどの急性期症状が治癒した後も、機能障害などの症状や傷痕が残ることをいいます。
ここでいう後遺症とは交通事故でむちうち等のけがを負ってしまい、数週間で強い痛み等の急性期症状が落ち着いた後も頭痛やめまいが残ってしまうこととします。

 

こういった頭痛、めまいの後遺症で悩む方は多くいます。そして多くの場合で、どうしていいかわからないうちに診察、治療の期間が終了していく…ということになっていきます。

頭痛、めまいの症状を起こさないようにするには

やはり最初から接骨院でむちうち専門の治療を受けることをおすすめします。
越谷第一接骨院では超音波治療で筋肉、腱の深層部を治療します。そして深層筋調整という手技で患部の奥深くへソフトに刺激していきます。そういった専門的施術で後遺症を出さないように努めています。

 

通常、むちうちになってしまうと多くの方が整形外科へ行かれると思います。しかし接骨院と整形外科では得意分野が違うのです。
お身体の症状を第一に考えるべきであり、その場合、診察、検査を整形外科で受け、施術は接骨院で受ける、という形が良いと思います。

頭痛、めまいが改善しない場合は

むちうちの専門治療を行っている接骨院へ転院すると良いと思います。

 

診察だけ、薬だけ、湿布だけ、電気だけ、といった診察内容だと頭痛、めまいといった症状の改善はあまり期待できないかもしれません。

 

交通事故施術の流れ

越谷第一接骨院では、まず検査によって頭痛、めまいの原因を探ります。原因のほとんどは頚部の根元周辺で神経、筋肉、血流を圧迫している事によります。

 

そして施術の内容としては、ソフトに深層部にアプローチして、奥深い筋肉を緩め神経、血流への圧迫を除いていくような施術を日々行っていきます。

 

具体的には深層筋調整手技や超音波治療、牽引機器、ウォーターベッドの施術をソフトに施していきます。施術期間はその方や症状にもよるのですが、概ね3~5か月間という場合が多いです。

交通事故の後遺症でお悩みなら

頭痛やめまいの症状で悩まれる方は、どこへ行ったら治るのか、今の病院でいいのか、どこへ相談したらいいのか、という悩みを抱えます。

 

越谷第一接骨院へどうぞご相談下さい。相談のみの来院も承ります。お話を伺い、症状も見させていただき、今どうする事が適切かをアドバイスいたします!

 

交通事故治療の詳細はこちら

 

 

               

後遺障害への対処法は接骨院と整形外科で違うの?

2019.06.15 | Category: 未分類

後遺障害とならないようきちんと通院しましょう

交通事故に遭われてしまい怪我を負ってしまった方は、治す為に治療をします。症状が治らずに、残存してしまう中で一定のものは後遺障害というものに認定される場合があります。
怪我した方達は、この後遺障害にならないために通院治療をするべきなんだと思います。

接骨院と整形外科の後遺障害への対処法

・後遺障害となる前
後遺障害となる前の段階では、接骨院も整形外科も怪我が治るように患者さんを丁寧に治療していきます。

 

ですから後遺症になる前においては、治療の方法の違いはあれど、治そうとするスタンスや対処の仕方は同じであるといえます。

 

 

 

 

 

・後遺障害認定の申請をする時
治療を継続したものの残念ながら全員が完全に軽快するわけにはいきません。症状が身体に残ってしまう場合もあるのです。

 

その場合は症状固定で治療を終了することもありますが、後遺障害の認定を申請するという方法もあります。

 

この後遺障害認定の申請は整形外科の医師が出来る事であり、接骨院(柔道整復師)では出来ません。この時においては接骨院と整形外科の対処法は違ってきます。後遺障害申請を視野に入れる方は、接骨院へ通院するだけではなく整形外科も併用通院する事が望ましい形だと思います。

それぞれの得意分野を活かした最適な通院方法をアドバイス

保険金がおりるからといって後遺障害になりたい、という方はあまりいないと思います。

 

やはり交通事故で負った怪我はきちんと治したい!というのが普通の考えだと思います。

 

接骨院は施術が得意(領域)で、整形外科は検査が得意(領域)だと思います。

 

ですので交通事故の怪我を相手方の自動車保険や自賠責保険を使って治療通院をする場合は、治療のため接骨院へ通院し、その上で整形外科にも診察のために通院するという方法が良いと思います。

 

越谷第一接骨院では最適な通院方法をアドバイスしています。どうしたら良いか迷われた際は遠慮なくご相談下さい。

 

交通事故治療の詳細はこちら

 

 

 

 

               

アクセス

越谷第一接骨院グループのご紹介

北越谷院

所在地〒343-0027 埼玉県越谷市大字大房758-5
交通アクセス北越谷駅より徒歩7分(大房交差点に当院があります。)
電話番号048-977-6886
駐車場5台あり
休診日年中無休
※日曜・祝日は臨時休業の日もありますので、予めご了承ください。
院長大野 康

南越谷院

所在地〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷2-14-38 ライフピア南越谷103
交通アクセス南越谷駅より徒歩5分(南越谷郵便局隣り)
電話番号048-965-8227
駐車場あり
休診日日曜・祝日
院長新崎 拓

夜22時まで診療>